総量規制対象外のカードローンの特徴

収入の3分の1までという縛りがない、総量規制と言われているものではない融資のカードローンがあります。このようなカードローンは、金融機関系のカードローンが該当するという特徴を持っています。
なぜ、金融機関系になるかといえば、総量規制が貸金業法の法律であるためです。貸金業法は消費者金融や、信販会社のキャッシングサービスに適用されます。これらのカードローンが総量規制対象だといわれる原因です。
しかし、金融機関系には貸金業法が適用されません。適用されるのは銀行法です。銀行法には総量規制についての法律が存在しませんので、総量規制対象外のカードローンを堂々と提供できるメリットがあります。
銀行法が適用される銀行だけでなく、信用金庫や労働金庫などが提供するカードローンも、総量規制対象外にあてはまります。
総量規制対象外であれば、専業主婦でもカードローンを使えるようになります。収入の最低基準が設けられていませんので、本人に収入がなくても法律上は融資を受けられるようになっているからです。年収が少なめの人でも、消費者金融や信販会社よりも多くのお金を借りられるチャンスが高まります。
但し、返済能力がない人にお金を貸すことなどありませんので、専業主婦の場合には配偶者に安定収入があることが条件になっている場合がほとんどです。さらに、金融機関系は貸し倒れや多重債務に対する目が厳しいため、ややカードローンの審査の難易度が高いという特徴を持っています。